米大手資産運用会社フィデリティ、仮想通貨事業に参入!

米大手資産運用会社フィデリティ、仮想通貨事業に参入!

今週一番驚いたニュースは、「フィデリティが仮想通貨事業を開始」するということ!

 

「フィデリティ・インベストメンツといえば、世界最大クラスの独立系投資信託運用会社。ミューチュアルファンドだけで300以上の基金を持ち、2,500万人以上の投資家との取引があります。推定運用資産額は2017年時点で、2.4兆ドル(約264兆円)。米ボストンを本拠地に、世界中で企業や年金などの機関投資家向けに資産運用サービスを展開する、金融業界の中でも一目置かれる会社です。

 

アメリカでは、「401k」と呼ばれる確定拠出型年金の運営管理機関の最大手。「401k」といえば「フィデリティ」といった感じ。日本では「フィデリティ」と聞いてもピンと来る人は少ないかもしれませんが、アメリカでは、誰に聞いても「知っているよ!」と答えが返ってくるほど、超有名な会社です。

 

「年金マネー」は、いわば、絶対に減らせない大事なお金。老後あるいは万一の備えのために、大きなリスクは取れないお金です。とはいえ、預貯金だけでは増やすことも難しいものです。そこで、現役時代から受取まである程度長い期間がとれるところを生かして、ある程度のリターンが狙える株式投資も組み合わせることも必要になってきます。

 

そのために必要なのが、フィデリティが伝統としている「ボトム・アップ・アプローチ」による入念な企業調査。株式投資をするということは、投資する会社の将来性を見込んでのこと。イメージだけとか、企業がいうことだけで判断したら、大きな落とし穴にはまることもあります。そうならないように、フィデリティは足を使って入念な調査をし、財務状況や企業理念、将来性などを分析し、金脈につながるような会社を探して投資するというのが伝統のスタイル。

 

そんなフィデリティが開始する仮想通貨サービスは、ヘッジファンドなど機関投資家向けの、仮想通貨の取引やカストディー(資産の管理や保険)業務だそう。新会社「フィデリティ・デジタル・アセット・サービシズ」を設立して行うのだそうです。当初取り扱うコインは、ビットコインとイーサリアム。徐々に取引を拡大する予定とのこと。

 

このニュースに先立ち、フィデリティは、ブロックチェーンやAIを含む最先端義実に年間25億ドル(約2,800億円)もの資金を投資ししているとCNBCで報じられたばかりでした。


 

色々調べていくと、フィデリティは、2014年から仮想通貨の研究を開始、2015年からはビットコインのマイニング事業も開始していたそうです。マイニングの目的は「仮想通貨を知ること」とか。片手間ながら、数百BTCはマイニングしているとか。(ブルームバーグのニュースより)

 

やはり、リーディングカンパニーは、やることが速いし、レベルも高い。伝統を守りながらも、新しい技術に果敢に挑戦していく。本当に感心しました。

 

感心しているだけじゃなくて、ここに仮想通貨の将来性を大きく感じますね。




フィデリティのニュース直後には、ゴールドマンサックスが仮想通貨90種類以上対応の資産管理サービスBitGoに出資したことが報じられました。

 

金融界のリーディングカンパニーが次々に仮想通貨事業に乗りだしているということは、機関投資家たちも仮想通貨の将来性に大きな期待を持っているのでしょうか。

 

日経新聞の報道では、下記のように、やはり機関投資家たちの感心が高まっているようすね。

 

フィデリティが世界の機関投資家を対象に実施した調査によると、7割の投資家がブロックチェーン(分散型台帳)など技術の発展によって新しい資産が生まれる可能性が高いと回答したという。フィデリティのアビゲイル・ジョンソン最高経営責任者(CEO)はこうした機関投資家の関心の高まりに応え「ビットコインなどのデジタル資産を投資家が取り扱いやすいようにする」とコメントした。

 

なるほど。

 

世界の金融機関のガリバー達も、仮想通貨に大きな将来性と可能性を見出し、無視はできないものと位置付けているようですね。

 

ただ、やはり、仮想通貨は、大きなリターンが狙えると言われますが、リターンはリスクと背中合わせ。

 

さらに、仮想通貨は、円やドルなどの法定通貨ではないところに、うっかり落とし穴があることもあります。

 

私のような、お小遣いの中でビットコインを買って、どれだけ上がるかな~と楽しみにしていたり、そのうちのいくらかを、トレードや、アービトラージという取引所間の価格差を狙って売買差益を取るような地味な投資をしようという個人投資家にも、やっぱり、ちゃんとした勉強と知識が必要です。

 

ビットコインを初めて購入してから1か月の、まだまだひよっこ仮想通貨ホルダーの私が、この1か月勉強した中でざっくりと捉えている注意点は以下のとおり。

 

1.仮想通貨は、金銭価値がつけられるけれど、やはり、法定のお金ではないこと。暴騰暴落、あるいは、マイナーな仮想通貨の場合現金化することが難しい場合もあると心得ること。

 

2.課税の法整備が進んでいないこと。今、仮想通貨で得た利益は「雑所得」です。雑所得には最大で45%の所得税、10%の授受民税の合わせて55%が課税されるのです。それを知っておかないと、儲けどころか納税のためにマイナスなんていう悲劇も、他人事ではありません。

 

3.仮想通貨に限らず、全般的に「投資」は身の丈で自分で納得したものに、生活に差しさわりの無い剰余資金で投資するのが大事です。剰余金がないなら、まずは作ってから(^^♪

 

そういうリスクはあっても、やっぱり、「この1年で10倍に上がった!」「5万円が1,000万円になった」なんていう仮想通貨投資武勇伝を聞くと、ワクワクと夢が広がりますよね。

 

ま、そんなふうにワクワクとしている私は、ゴールドラッシュの時代に生まれたら、間違いなく、一攫千金を夢見て、つるはし担いでカリフォルニアに渡っていたことでしょう(笑)

 

夢は見なきゃ叶いませんし、目標は立てなきゃ実現しませんからね♬

 

ちょっと背伸びしながら、よく勉強して、投資していきましょう。お金も、自分にも(*^^*)

 

⇓⇓初心者にオススメの仮想通貨取引所はGMOコイン。⇓⇓

⇓⇓私も初めて作った口座はもちろんGMOコインです。⇓⇓



🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸

もっとコアな無料お得情報、副業情報ならコチラ。

⬇️⬇️LINE@登録ください⬇️⬇️

友だち追加

ID検索: @eyn4051z (@をお忘れなく!)

🍎誰でも3時間で3万円は稼げるレポート、
無料プレゼント中♬

「知っているかどうか」だけで
生き方にも違いが出る時代。

お役に立てる情報を無料配信します。

🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸