PCまわりの豆知識

JINでGoogle Search Consoleを導入する超簡単な方法

こんにちは!社労士&FP有資格者@ネットビジネスアドバイザーのmizueです。

先月からPPCアフィリエイトに本格的に取り組んでいます。初出稿から2週間で約58,000円の見込み報酬♪ありがとうございます。この速さは、PPCアフィリエイトならでは。これからもコツコツ作業します。

一方、以前からSEOでのブログ運営も継続して行っています。こちらは、会社員時代から細々と運営していましたが、これからはこちらも本腰入れていきます。

ところで、ブログはアクセスが命!そのために、世の中のブロガーたちは、あらゆる方法で調べ、検証し、改善しています。アクセス解析をするには、Google Analytics(グーグルアナリティクス)が一番メジャーでしょう。加えて、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)というツールを使うと、自分のサイトがGoogleの検索でどんな風に評価されているかが分かるようになります。ですから、多くのブロガーが取り入れています。

私も、Google Analyticsは導入していましたが、Google Search Consoleはまだだったので、自分が運営しているブログに導入してみました。

ブログ運営をしているあなたも、まだGoogle Search Consoleを導入していない場合は、ぜひ、導入してみてくださいね♪

今回は、私が使っているワードプレステーマ「JIN」でGoogle Search Consoleを導入する方法をご紹介します。では、いってみましょう!

Google Search Console って何?

そもそも、Google Search Console って何でしょう?
Search Console のヘルプにはこのように書かれています。

Search Console の概要
Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトの掲載順位を監視、管理、改善するのに役立つ Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果にサイトが表示されるようにすることはできますが、Search Console に登録することで、Google のサイトに対する認識を理解し、改善できるようになります。

よく分からないですね(笑)つまり、Google の検索結果での自分のサイトのパフォーマンスを監視・管理できるツールなのです。

Analyticsとの違いですが、Analyticsは、サイトにアクセスされる前のデータをとることはできません。Analyticsで分かるのは、サイトに訪問したユーザーが「どこからきて、どのページをみて、どれくらい滞在したか」です。つまり、アクセス後を解析するツールということ。

一方、Search Consoleの方は、ユーザーがサイトに訪れる前のデータが取得できるものです。自分のサイトが「どのような検索ワードで、どれくらい表示され、どれくらいクリックされたか」が分かるのです。つまり、サイトへのアクセス前の解析ツールということ。

ということは、Search Console は、SEO対策には、欠かせないツールとも言えますね!

スポンサードリンク

Google Search Console を導入しよう

では、ブログにGoogle Search Console を導入しましょう。

ここでご紹介する方法は、既にGoogle Analytics を導入している方法です。まだGoogle Analyticsを導入していない場合は、こちらの記事でご説明していますので参考になさってくださいね。

やることはとても簡単で、以下の2ステップだけ!順にご説明しますね。

①Google Search Consoleに自分のサイトを登録する
②自分のサイトであることを証明する

①Google Search Consoleに自分のサイトを登録する

Google Search Console にアクセスします。
「今すぐ開始」を押します。

※なお、Googleアカウントを持っていることが前提です。持っていない場合は作ってくださいね。まだの方は、Googleアナリティクスを作るときにも作れるので、上記のAnalyticsの設置方法を参考になさってください。

「プロパティを追加」を押します。

サーチコンソールを導入したいブログのURLを入力して、下の続行を押します。

②自分のサイトであることを証明する

次に、Analyticsでコードを取得して、Google Search Consoleにそのサイトがあなたのサイトであることを証明します。

Google Analyticsに行きます。対象サイトの「管理」を開きます。

プロパティ設定を開きます。

下の方にある「Search Consoleを調整」を押します。

こんな画面になるので、二つ目の「別の方法」タブを選びます。

「別の方法」の一番上にある「HTMLタグ」のボタンにチェックを入れると、メタタグが表示されます。このメタタグをブログに貼るので、コピーします。

自分のサイトのダッシュボードの「HTMLタグ設定」を開きます。
【head内】に、先ほどコピーしたタグを貼り付けます。上にGoogle Analyticのタグを張り付けてある場合は、その下に貼り付けて、保存します。

もう一度、Search Consoleに戻って、「確認」を押して、この画面がでれば完了です。

 

いかがでしたか?簡単でしたよね!

この後、すぐにデータ反映はされず、数日待つ必要がありますが、作業は完了。データが反映されるようになったら、どんなデータが取れるか見てみましょう。

おまけ:JINは初心者アフィリエイター&ブロガーに超絶オススメ♪

今回は、JINで、Google Search Consoleを導入する方法についてご紹介しました。

ここで、おまけですが、このワードプレステーマJINのことをご紹介します。ベテランアフィリエイターのヒツジさんが開発したワードプレステーマで、これでもか!ってほど、初心者にも分かりやすく使いやすい機能が満載です。

アナリティクスやコンソールの設定、アドセンスの設定なども、既に箱が作られているので、自分でPHPを編集したりしなくていいので安心です。

有料テーマではありますが、複数のサイトに使ってもOKなので、もし、使いやすいテーマを探していらっしゃる方がいれば、ぜひご検討くださいね(*^^*)

⇒ JINの公式サイトはこちら

では、また。
ブログ運営は、本当に奥が深いものです。アクセスアップ目指してがんばっていきましょう!

最後まで読んで下さりありがとうございました。

★サーバーならこちらがオススメ ⇒ エックスサーバー
★ドメイン取得はこちらがオススメ ⇒ お名前.com

もし、PPCアフィリエイトやネットビジネスのことなどについて何か聞きたいことなどがあれば、お気軽にお問い合わせくださいね。
また、こんなことを記事として取り上げてほしいなどのご要望があれば、教えてくださると嬉しいです。

お問い合わせはお気軽に♪ こちら からお願いします。

ABOUT ME
mizue
mizue
社労士&FP資格者@ネットビジネスアドバイザー