ブログ運営

3分で完了!Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

ブログ運営をしているとき、アクセスを分析するために、Google アナリティクスを使うと便利です。

ただし、Googleアナリティクスは、何も設定しないと自分でアクセスした場合もカウントしてしまうので、このままでは正確な数字が取れません。

特に、サイトを立ち上げたばかりの時は、あなたのアクセスしかないはずです。

でも、更新やチェックのためにアクセスしたものも全部カウントされてしまいます。

すると、「こんなにアクセスがあったんだ~!」とうれしくなり、ぬか喜びしがちですが、実は全部自分のだった。。。(汗)

なんてことがないように、今回は、Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法をご紹介します!

3分で完了!Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法はいくつかありますが、ここでご紹介するのは、「自分のPCのIPアドレスを除外設定する」方法です。

では、行ってみましょう♪

1.自分のIPアドレスを確認する

ご自分のPCのIPアドレスをご存知でない場合は、こちら「サーバー監視/ネットワーク監視サービス」にアクセスして確認してください。

すると、こちらのグレーに塗った部分にIPアドレスが表示されます。

IPアドレスを確認したら、メモ帳などにコピーをするか、このページを開きっぱなしにしておきましょう。

2.Googleアナリティクスのフィルタで除外設定する

次に、Googleアナリティクスに立ち上げ、左下の「設定」を押し、「フィルタ」をクリックします。

「ビューを作成」⇒「フィルタを追加」という赤いボタンを押します。

このようなページになりますので、フィルタを設定していきます。

上から、それぞれの項目を設定していきます。

ビューにフィルタを適用する方法 「新しいフィルタ」を作成にチェック
フィルタ名 「自己アクセス除外」などわかりやすい名前を付ける。
フィルタの種類 「定義済み」を選ぶ。
フィルタの種類を選択 「除外」を選ぶ。
参照先かリンク先を選択します 「IPアドレスからのトラフィック」を選ぶ
式を選択します 「等しい」を選ぶ
IPアドレス IPアドレスをコピー&ペーストで入力する

 

こんな感じです。

できたら、最後に保存をクリックします。完了すると、新しいフィルタが完成しています。

これで完了です!

まだ、開設して間もないブログの場合は、あなたしかアクセスがないと思うので、ブログにアクセスした状態でGoogleアナリティクスにアクセスし、リアルタイムのトラフィックを確認し、「0」と表示されていればOKです。

いかがでしたか?簡単に自分のアクセスを除外できたと思います。

これからは、自分のアクセスを数えてぬか喜びしていないで、真のアクセス数を数えてい聴けますね♬

では、最後まで読んで下さりありがとうございました。

ネットビジネスのこと、ブログ運営のこと、アフィリエイトのこと、何かご質問がある場合は、お気軽にお問い合わせくださいね♬

お問い合わせはお気軽に♪ こちら からお願いします。

ABOUT ME
mizue
mizue
社労士&FP資格者@ネットビジネスアドバイザー