アフィリエイト

アフィリエイト記事外注のマストアイテム!無料コピペチェックツール2選!

アフィリエイトブログを運営していると、記事を外注するという機会が出てくることがあります。

私は、自分が運営しているブログ記事の多くは自作しています。

でも、量産するときは間に合わないので、ガイドラインを作ってライターさんに外注するか、記事素材屋さんで記事を購入してリライトしていす。

すると、自分では、「この記事は絶対自分で自分で書きたい」という記事に集中できるので、量産のスピードが早くなるのです。

アフィリエイト本気開始60日で10万円超の収益を上げた際には、最初の1か月で177記事を投稿しましたが、これには、自作の他に外注分と記事購入分も含まれています。一人で書いたのでは、1か月で177記事、つまり、一日6記事近く投稿することは不可能だったでしょう。

PPCアフィリエイトという即効性が期待できるアフィリエイトを組み込んだだけでなく、記事外注や購入を利用したものも、早く成果が上がったポイントかと思います。

ですから、あなたも記事を量産したいときには「外注」または「記事購入」の検討をおすすめします。

記事外注では「コピー&チェック」に気を付けよう!

ただ、記事を外注するとき、気を付けなければいけないのは、納品された記事が「コピー&ペーストではないか確認する」こと!

検索エンジンからのアクセスを狙うSEOブログでは、Googleで検索されることが大切です。

その時、Googleは、情報の価値を重視するので、コピー&ペーストされた記事だと、評価が下がってしまい、検索上位表示されなくなってしまうのです。

ただ、外注を受けてくれたライターさんに「コピー&ペーストしてませんよね?」と聞いても「していません」と答えるに決まっています。

また、ライターさんによっては、コピー&ペーストはしていないものの、類似表現の割合が多く、記事としての独自性が低いと判断されてしまうことも、ないとは言えません。

そこで、私が使っているのは、無料のコピー&ペーストチェックツールです。

今回は、会員登録など不要で、ウェブサイトにアクセスするだけでチェックができる、おすすめの無料コピペチェックツールを2つご紹介します。

【Copy Content Detector】類似度、一致率、テキスト類似率を指標で表示!

「Copy Cotent Detector」 は、チェックしたい文章を貼り付けると、「類似度」「一致率」「テキスト類似率」を指標で表示してくれます。

それぞれの判定内容は下記の通り。

類似度判定 web上のコピペチェック(類似度)結果。web上に似た文章がないかをチェックします。
一致率判定 web上のコピペチェック(一致率)結果。単純な文章の一致率計算。
テキスト判定 テキスト間のコピペチェック結果。今までチェックした文章との比較結果。

それぞれの結果を、パーセンテージと、「コピーの疑い」「要注意」「良好」の三段階で表示してくれます。

全ての結果が「良好」ならば問題ありませんが、「要注意」「コピーの疑い」の場合は確認が必要です。

使い方は簡単。下記の通りです。

Copy Content Detector に行きます。

画面をスクロールしてこの入力欄があるところまで行きます。

「調査対象テキスト」の空欄に、チェックしたい文章を貼り付けて、下の「チェックする」をクリックします。

 数秒から数十秒待って、ページを更新すると、チェック結果が表示されます。

全て「良好」なら問題ありません。

Copy Cotent Detector は、こんなふうに簡単に使えるので、私はいつもこちらを使っています。

【こぴらん】同一文を含んだ類似ページ状況を一覧で表示!

もう一つ、メジャーでオススメなコピペチェックツールは、「こぴらん」です。

「こぴらん」は、チェックしたい文章を入力すると、その文章を句点(。)、ピリオド(.)、感嘆符(!)、疑問符(?)で適度な文に区切り、その文が使われているwebページ数を類似数として表示してくれます。

こちらも使い方は簡単。

こぴらん」のサイトに行きます。

入力欄にチェックしたい文章を貼り付けて、右下の「チェック」をクリックします。

貼り付けた文章が、句点(。)、ピリオド(.)、感嘆符(!)、疑問符(?)て区切られて、文章ごとにweb上で同じ文章が何個あるかを返してくれます。

今回の結果ではすべて類似度「無」ですが、類似度の欄に数字が入っている場合は、右の「Yahoo」または「Google」をクリックすると、それぞれYahoo!とGoogleで実際にどんなページで使われているのかを確認することができます。

まとめ

今回は、記事外注をする際のマストアイテム、無料で使えるコピペチェックツールをご紹介しました。

記事外注も上手に活用して、あなたのブログを充実させていきましょう!

ちなみに、私が記事外注をお願いするときにお世話になっているのは、「ランサーズ」です。

他にも、記事外注では、スキルを売買できる「ココナラ」もメジャーです。

ただ「ココナラ」のほうが比較的単価が高く、また「ココナラ」の場合は、「ライターとしてこんな記事をいくらで書きますよ」と出品している人に依頼する形ですが、ランサーズは、発注側から「こんな記事をいくらで書いてください」とプロジェクトを立ち上げて募集をかけることができます

発注側からコントロールしやすいという面で、ランサーズがおすすめです。

⇒ クラウドソーシング「ランサーズ」

最後まで読んでいただきありがとうございました!

私と「一緒にアフィリ!」しませんか? 無料メルマガ&会員サイトやってます!

ランキング参加中♪ポチっと応援お願いいたします。


人気ブログランキング

ABOUT ME
mizue
mizue
社労士&FP資格者@ネットビジネスアドバイザー