『国民年金って、高いよね。。?? まとめ払いで安くできたりしないの?』プロが教える社会保険 第4回

『国民年金って、高いよね。。?? まとめ払いで安くできたりしないの?』プロが教える社会保険 第4回

こんにちは!
社労士&FP資格者のmizueです。

 

先日から始めた

【プロが教える 社会保険講座】

4回目です!

 

今は国民年金のお話を中心にお知らせ

しているこの講座。

 

もし、あなたが会社員や公務員だった場合も

国民年金って自営業者のものでしょ?

関係ないし」、とか思わないで、

ぜひお読みくださいね♬

 

どうしてかというと。。。

 

社会保険は、広い意味では、

年金から健康保険、はたまた介護保険や、

雇用保険まで、カバー範囲がとっても

広いのです。

 

会社員のための社会保険制度のお話も

しますし、お得な雇用保険の利用方法の

お話などもします。

 

もっと進めば、年金のお得な受け取り方も(*^^)b

 

それに、なんといっても

終身雇用制度が崩壊している現代では、

いつ、あなたも会社や公務員を辞め、

国民年金を払う立場になるか分からない

のです。

 

そんなとき、このコーナーを読んでいれば

『知らなかった。。』ではなく、

『知っててよかった』となりますよ。

 

日本は何事も、申請主義ですからね。

 

知らずに損をするのではなく、

ちゃんと知って、しっかり得を

取りましょう!

 

さて、本題です。

 

『国民年金って、高いよね。。?
まとめ払いで安くできたりしないの??』

 

確かに、国民年金保険料って、高いのです。。

 

今年、平成30年度(平成30年4月~平成31年3月)は、

1か月 16,340円。

1年にすると、196、080円。。。

 

特に、会社員時代が長かった方等は、給料から

天引きされていた年金保険料を、自分で払うと

なると、余計に高く感じますよね。

ですから、少しでもお得に払えるなら、そちらの

方がいいと思うのも当然でしょう。

 

そして、はい。結論から言っちゃうと、

まとめ払いで安くすることは、できます(*^^)v

 

保険料を、納期限前に6カ月又は1年又は2年

「前納(ぜんのう)」することで、

グンと割引を受けることができるのです。

こんな感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆現金で「6カ月前納」する場合◆

普通に払うと、16,340円×12カ月 = 98,040円

前納すると、97,240円 ⇒ 800円お得!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆現金で「1年前納」する場合◆

普通に払うと、16,340円×12カ月= 196,080円

前納すると、192,600円 ⇒ 3,480円お得!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さらに大きな割引が、2年前納。

◆現金で「2年前納」する場合◆

平成30年4月~平成32年3月分の

保険料を普通に払った場合、合計393,000円

前納すると、378,580円 ⇒ 14,420円のお得!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

また、もし口座振替の場合は、

もっともっと、お得なんです。

 

文章で書くと長くなるので、

現金納付の場合と口座振替の場合、

全部まとめて表にしますね。

 

こんな感じです。

納付方法 現金で毎月納付した場合

現金納付

口座振替

納付額 割引額 納付額 割引額
 2年前納 393,000円 378,580円 14,420 377,350円 15,650
 1年前納 196,080円 192,600円 3,480 191,970円 4,110
 6カ月前納 98,040円 97,240円 800 96,930円 1,110

※前納は、年度単位になります。2年前納ならばH30年4月分~H32年3月分、1年前納はH30年4月分~H31年3月分、6カ月前納は、H30年4月分~9月分とH30年10月分~H31年3月分までとなります。年度の途中で、その年度末3月までの前納納付書を作ってもらうこともできるので、ご希望の場合は市区町村役場か年金事務所にお問い合わせを!

 

すごく、お得ですよね!

 

「そんなこと言われても、

まとめて払うほどのお金はないんだけどな。。」

 

という方には、口座振替の「早割り」がおオススメです。

 

国民年金保険料の納期は翌月末ですので、

口座振替で毎月振替をする場合は、翌月末に

引き落とされることになります。

 

が、それを、当月末に引き落とす「早割り」を

申し込むと、毎月保険料が、50円割引されるのです。

毎月50円ですが、お得はお得(^^♪

ぜひご検討くださいね。

 

詳細は、お住まいの市区町村役場、又は

最寄りの年金事務所までお問合せください。

 

では、今回はここまでです(*^^*)

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

次回は、厚生年金のお話で、

『会社を辞めます。

会社から「月末の前日付け退職でいいね?」

と言われましたが。。』

をお送りします。

どうぞお楽しみに!

🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸
ゆっくり、豊かに、ハッピーで自由に
暮らすためのコラムと情報を無料配信中。

⬇️⬇️LINE@ご登録ください⬇️⬇️

友だち追加

ID検索: @eyn4051z (@をお忘れなく!)

🍎誰でも3時間で3万円は稼げるレポート、
 プレゼントします♬

「知っているかどうか」だけで
生き方にも違いが出る時代。

お役に立てる情報を配信します。

🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸🍀🌸