スポンサードリンク

PPCアフィリエイトは、Yahoo!やGoogleなどに自分が作ったサイトを広告として掲載してもらい、見た方にクリックをしてもらうことで自分のサイトへ誘導、商品購入へと結びつけるアフィリエイトです。

 

PPCは、Pay Per Click の略。掲載されるだけなら無料ですが、クリックされると課金されます。

 

通常のサイトアフィリエイトやブログアフィリエイトでは、なかなか検索エンジンの上の方に上ってくるまでに時間がかかるため、その時間をPPCという形でお金で買おう、というものですね。

 

ただし、自分のブログにアフィリエイトリンクを貼って自由にやるのだけではなく、Yahoo!やGoogleという、プラットフォームを利用してのアフィリエイトになりますから、広告掲載側としては、私たちアフィリエイターがちゃんとした広告を掲載しているのか、審査する必要があります。

 

私たちも、ちゃんとした広告を出しているよ、ということで、Yahoo!やGoogleの広告基準をよく読んで、守らなければなりません。

 

その基準の中に、「広告の主体者の明示」というものがあります。広告としてリンクするページには、以下が明記されていなければならないというものです。

✔主体者の名称(主体者を特定できる社名または氏名)

✔主体者の住所および電話番号

 

【参考】 Yahoo!プロモーション広告 ラーニングポータルより

     審査否認理由「広告の主体者の明示」とは?

 

ここで、個人でPPCアフィリエイトをやる場合に、氏名は屋号を使えばいいとしても、住所や電話番号まで掲載するの!?と、ちょっと怯みます。

 

でも、これを記載したところで問い合わせが来ることはまずありませんし、第一、これを記載しないと審査に通らないというのならば、記載するしかないですね。

 

ただ、電話番号については、個人のプライベートの電話番号の記載は、やはり躊躇する気持ちもあるのではないでしょうか。

 

そんな方は、「IP-Phone SMART」というIP電話サービスの利用がオススメです。

 

IP-Phone SMARTは楽天コミュニケーションズが提供する電話網とインターネットを組み合わせるIP電話です。登録料、月額基本料無料、SMARTalk というアプリをスマホにダウンロードするだけで、すぐにIP電話番号がもらえます。

 

使うときも、通話料が割安だったり、IP-Phone Smartやその他の一部IP電話同士ならば通話料無料など、お得なサービスもあります。

 

私たちアフィリエイターにとっては、プライベートの電話番号を公開しなくてよいので本当に便利なサービスです。

 

プライベートの携帯やご自宅の電話番号を掲載したくないアフィリエイターの方は、ぜひご検討してみてくださいね。

 

   ⇒ IP-Phone SMARTについてはこちら

 

PPCアフィリエイトでは、「広告審査通過」というのが、大きな関門の一つです。この広告主体の明示だけでなく、広告の有用性、美容・健康関係ですと、薬機法の関連など。

 

最初の一歩である広告審査に、電話番号が記載していないという、どうでもいい理由ではねられることがないよう、しっかり対策しましょう。

 

ちなみに私は、いくつかサイトを出稿している中の一つに、電話番号の記載を漏らしてしまい、一気に10件以上審査否認の連絡がきたことがあります。まだ始めたばかりのころだったので、結構凹みました。でも、もしかして!?と確認したら、電話番号の記載漏れ。電話番号を記載して再出稿したところ、全部通りました。

 

また、私は、初めて広告を出稿してから、初めて審査通過をするまでに、2週間近くかかってしまいました。最初に落ちた原因は、広告主体明示不備ではなく、薬機法の関連。ペット向け健康サプリだったので、人間向けではないので大丈夫かと、薬機法関連のガイドラインをきちんと読み込んでいなかったのが敗因です。でもその後、薬機法関連のガイドラインを細かく確認し、注意するようにしたところ、健康・美容関係も審査落ちすることは殆どなくなりました。

 

【参考】 Yahoo!プロモーション広告 ラーニングポータルより

     <商材別に学ぶ>薬機法関連の掲載できない表現例

 

初心者には難しいといわれる薬機法関連のPPCでも審査落ちしないのはなぜか?というポイントは、また今度に。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!

 

PR】PPCアフィリエイトにはキーワード選定が必須。私も使っています。キーワードツールの決定版、Pandora2のご購入はこちらから↓↓

スポンサードリンク