マインド

2019年の抱負、立てましたか?

 

 

 

2019年が始まりましたね!

 

あなたは、今年の抱負を立てましたか?

 

私は、立てました!

 

元旦と1月2日、続けて日中散歩に出かけて一人青空の下を歩きながら。あれこれと思いをめぐらして。

 

今年は、ネットビジネスに専念し、PPCアフィリエイト、ブログ運営やメルマガなどの情報発信、FX自動売買、バイナリーオプション(サインツール利用)等を中心に、自分のビジネスを大きく成長させていきたいと思います。

 

もっともっと具体的な行動なども細かく考えました。でも、ここではナイショです。

 

振り返ると、昨年のお正月は、「朝7時前に家を出て、夜21時すぎに帰宅」という会社員生活に限界を感じながらも、積極的な行動を考えるでもなく、なんとなく過ごしていました。

 

そして、悶々とした気持ちのまま、6月に転職活動をするも一旦休止。

 

ふらふらしながら、次は、7月7日に近所の書店で見つけた「オプトインアフィリエイト」の本にヒントを得、ネットビジネスで副業を始めて「いずれは」会社員を辞めて独立しようと、具体的なスケジュールや年収目標を決めずに、家族にも話さず、勢いで、右も左も分からないまま、情報の洪水の中へ飛び込んでいってしまいました。

 

おかげでというか、当然というか、いくらかの利益は出るようになったものの、いろいろなビジネスに手を出しては、違う、違う、と方向転換をし、沢山の情報商材を買い、しまいには仮想通貨投資では本当の詐欺にも遭い、5か月という短期間の中でネットビジネスの光と闇を両方見てしまった感じでした。

 

本当の詐欺に遭ったのは手痛い失敗です。でも、それにより目が覚めて、「こんなことじゃいけない。一つに絞って、結果を出すまでは踏ん張ろう」と思えたのは『高い授業料』というべきなのでしょう。

 

だから今年は、年初から「今年の抱負」をきちんと考えて決めました。

 

決めただけではなく、紙に書き、リビングの壁に貼り、手帳にも書き込みました。

 

「リビングの壁に貼る」というのは極端かなと思います。でも、私は、今月末に会社を辞めて独立することにしましたので、ビジネスでどんなことを目標にしているのか、何をやっているのか、家族にもはっきりと分かってもらうほうが良いと思ったのです。だから、みんなが見えるところに貼ったのです。年収目標額までつけて。

 

これを明らかにすることで、家族も「それだけ本気なら仕方ない」と思ってくれたようです(苦笑)

 

実は、こんなふうに抱負を「見える化」したのは、以前、過去の手帳を見返したときに、年初にちゃんと具体的な目標を書いていた年はその目標を達成していて、書いていない年はそれほど大きな成果は上げていないということに気付いたからです。

 

特に、2018年のリーマンショックがあった年は、本当に驚きました。

 

あの年、私は、社会保険労務士(社労士)という国家資格試験勉強を始めていました。会社員をしながら、シングルマザーとして2人の子供を抱え、北関東某県の自宅から都内の職場まで2時間半かけて新幹線通勤をしていた時でした。子供たちを育てていくために、仕事にあぶれないよう、何か専門性をつけなければいけない、と必死でした。

 

ですから、その年のお正月に手帳に書き付けた抱負は

 

・社労士試験に合格する

・社労士としての仕事を開始する

 

でした。

 

でも、通勤時間に5時間近くかかり、フルタイムの仕事をこなしながらの勉強では、合格率10%を切る国家試験の合格は、本当に厳しいものがあります。絶対に合格したい、専門を付けたい、という気持ちだけが空回り。何とか、資格予備校の基本講座だけは、通勤電車の中で音声ダウンロード講座を、睡魔と闘いながら聞いていました。

 

そんな矢先に、金融危機が勃発。勤務していた外資系金融機関がリストラを行い、私は対象になって、あっさりと職を失ってしまったのです。

 

「え??リストラ??そんなの、今年の抱負にありませんけど。。。」っていう世界(苦笑)

 

でも、だったらと逆手に取り、受験勉強に専念し、8月に試験に臨み、11月に、合格率7.5%の割と狭き門を潜り抜けて、一発合格できたのでした。

 

そして、12月には、地元の会計事務所に入社。会計実務の研修後、社労士としての仕事を開始しました。

 

あの年は、本当に怒涛の一年で、リストラ退職は、消えてしまいたいくらいに辛いことでした。だから、年初に立てた新年の抱負なんて、全然忘れていたのですが。。。

 

でも、翌年、落ち着いて手帳を見直したときに、あまりに驚いて、というか、恐ろしくなって、手帳をバタンと閉じてしまったのです。

 

だって、あんなに環境変化が大きかったのに、年初に書いた抱負がそっくりそのまま実現していたから。

 

ひょっとして、リストラ対象になっていなかったら勉強時間が取れずに合格できなかったかもしれない。試験には不合格になり、今でも「専門性を付けなければ」という焦りの中にいたかもしれない。あのリストラ退職すら、自分の「社労士になりたい」という気持ちが引き寄せたのか、と、我がことながら空恐ろしく感じたのです。

 

そしてあの時に、「書くこと」と、それを潜在意識の中に刷り込むことのパワーを学んだのでした。

 

これは、あのナポレオン・ヒル博士も言っていますよね。「思考は現実化する」と。

 

そう、本当に。「思考は現実化する」のです。

 

だから、もし、あなたが、なんとなくやりたいな、と思いながら実行に移せていないことがあるとしたら、ぜひ紙に書き出してみてください

 

そうして、声に出して読んでみてください。

 

さらに、清書して、自分の部屋に貼ってみてください。

 

手帳を持っていたら、手帳に書いて毎日読んでみてください。スマホの待ち受け画面に設定してもいいかもしれません。

 

今みたいに新年を迎えたとき、新しい月を迎えたとき、新しい週を迎えたとき、誕生日の朝に、いや、いつだって朝を迎えたとき、いやいや、朝じゃなくても夜だって。

 

いつでもいいんだと思います。

 

思ったときに、「抱負」や「夢」を書いてみてください。できるだけ具体的に。

きっと、その「抱負」や「夢」は、あなたの現実に変わりますよ!

 

今年の抱負を立てたあなたに、私がお正月に地元の神社で受けてきたお守りの写真をシェアします。

 

 

「厄除け」のお守り。

 

良いことは自分で頑張るのです。そして、幸運を引き寄せるのです。

 

でもね、悪いことからは神様に守ってもらいたいな~♬ ってことで。

 

縁あってこのブログを読んでくださっている皆様、いつもありがとうございます。

 

どうぞ良い1年をお過ごしくださいね!

 

最後に、年頭に読むのにオススメの本を2冊ご紹介します。幸先よいスタートとなりますように!

 

◆まんがで読みやすいナポレオン・ヒル。読んで思考を現実化しよう◆

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」オリジナル版はあまりに有名ですが、厚いし、量が多くて、読み通すのが大変なのですよね。

でも、こちらの本ならば、一番大事なエッセンスはそのままに、まんがを使って読みやすく編集してあるのでオススメです。

私は、昨年、独立を考えながら本を読み漁っていた時に読みました。

 

 

◆好きなことで起業したいけれど、踏み切れないあなたへ◆

守るべき生活がある
収入がなくなるとまずい
失敗して恥ずかしい思いをしたくない

など、サラリーマンの起業は「リスク」を感じるもの。

一度きりの人生なんだから、
思い切ってやってしまえばいいんじゃないか!

とは、理屈では思うものの、、、

実際、それに踏み切ろうとしたら「臆病」になってしまう…

もしあなたがこのような状況なら、この本がオススメです。

【臆病者のための科学的起業法】

 

ABOUT ME
mizue
mizue
社労士&FP資格者@ネットビジネスアドバイザー